Beckの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!時代の最先端を突っ走る究極の兵器Beckは、めまぐるしいほど多様なスタイルを混ぜ合わせ、不思議な魅力を感じさせる濃厚な音を作り出す。'94年にシングル“Loser”がトップテン入りした時は一発屋とみなされていたに…

  • ハロプロ研修生
  • Acid Black Cherry
  • The Rolling Stones
  • GLAY
  • 清春
  • 飯田里穂
  • Deep Purple
  • KREVA
  • Dancing Dolls
  • fender
  • Westone
  • ANARCHY (HIP HOP)
  • MEGADETH
  • ひめキュンフルーツ缶
  • 真野恵里菜
  • RIHANNA
  • MICHAEL
  • 宇多田ヒカル
  • Justin Bieber
  • MAN WITH A MISSION
  • FUJI ROCK FESTIVAL
  • rankingbox
  • Chage
  • 吉川友
  • L'Arc〜en〜Ciel

Beck:ニュース・最新情報

NEWS

Beck:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

時代の最先端を突っ走る究極の兵器Beckは、めまぐるしいほど多様なスタイルを混ぜ合わせ、不思議な魅力を感じさせる濃厚な音を作り出す。'94年にシングル“Loser”がトップテン入りした時は一発屋とみなされていたにも関わらず、このシンガーソングライターは現在ミュージックシーンで最も輝く存在の1人として認められ、その才能を燃焼し続けている。

'70年7月8日生まれのBeck Hansenは、ロサンゼルスのボヘミアン家庭に育つ(彼の祖父Al Hansenは'60年代に起こったFluxusアートムーヴメントの一員だった)。高校を中退後、Beckはロサンゼルスの音楽や詩や舞台芸術のシーンにのめり込んだ。'80年代後半の彼の作品では、ヒップホップ、ブルース、フォーク、そしてノイズロックと、型にとらわれない志向がうかがえる。

'93年にインディーズから出したシングル“Loser”はロサンゼルスのラジオで思いがけないヒットとなり、地元で大きくブレーク。Dr.Johnのサンプルに乗った、あの自己批判的でとぼけた怠け者賛歌は、メジャーレーベルの間で激しい争奪戦を巻き起こし、その結果Geffen Recordsが勝利をおさめた。

彼の大々的デビュー作『Mellow Gold』が成功し、プラチナアルバムとなった要因は“Loser”だったが、続く'96年の『Odelay』は、Dust Brothersがプロデュースを手がけ、七色のスタイルに挑んだ傑作で、Beckがただの一発屋でないことを証明した。

現在Beckは'90年代スピリットを掲げ、成功への道のりを突き進んでいるが、彼はそのあり余る想像力を駆使して、これから先も大胆かつ未知の音楽を作り続けていくだろう。

This Biography was written by Chris Morris.

Beck:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET