Eric Claptonの最新情報は音楽総合サイトBARKSで! 1965年、ヤードバーズのギタリストとして、ライブ・アルバム『ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ』でデビューを飾るも、バンドがポップ路線に進むことを嫌って、すぐに脱退。 その後、ジョン・メイオール…

  • GRANRODEO
  • 井口裕香
  • DIR EN GREY
  • Eminem
  • NIGHTMARE
  • Dream(E-girls)
  • 渡辺貞夫
  • SHURE
  • 吉井和哉
  • DJ A☆LUCKY
  • L'Arc〜en〜Ciel
  • Robert Plant
  • Goose house
  • 長渕 剛
  • DISH//
  • 加藤ミリヤ
  • ゴールデンボンバー
  • New Order
  • BUMP OF CHICKEN
  • 2CELLOS
  • 空想委員会
  • Gibson
  • Angelo
  • HAWAIIAN6
  • Rage Against The Machine
  • MM学園 合唱部、北神未海、MM3
  • DREAMS COME TRUE

BARKS TOP 100

LAST UPDATE 2015/1/26 3:00

Eric Clapton:ニュース・最新情報

NEWS

Eric Clapton:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

 1965年、ヤードバーズのギタリストとして、ライブ・アルバム『ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ』でデビューを飾るも、バンドがポップ路線に進むことを嫌って、すぐに脱退。 その後、ジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズを経て、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーとクリームを結成。『カラフル・クリーム』(''67年)、『クリームの素晴らしき世界』(''68年)などロック史に残る名盤を発表して、ハード・ロックの雛型を作り上げた。

 クリーム解散後、アメリカ南部音楽に接近したクラプトンはスティーヴ・ウィンウッドブラインド・フェイスを結成。アルバムを一枚発表後、すぐに解散。その後、デレク&ザ・ドミノスを経て、ソロ活動に入る。

 ''92年発表の『アンプラグド』は、その後のアンプラグド・ブームに火をつけると同時に、それまでのギター・ヒーローとは異なるイメージを印象づけ、以後、クラプトンは渋い大人のバラード・シンガーとして、より一般的な認知を得た。

Eric Clapton:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

Eric Clapton:ディスコグラフィ・CD

DISCOGRAHY/CD