小野瀬雅生ショウの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!クレイジーケンバンド(以下CKB)のリード・ギタリスト小野瀬雅生(おのせまさお)がその才能を横山剣氏に認められ、はじめてソロアルバムをリリースしたのが2000年12月、タイトルは「小野瀬雅生ショ…

  • the Village Papas
  • YOSHIKI
  • 新山詩織
  • CAPSULE
  • LoVendoЯ
  • Berryz工房
  • Kalafina
  • BUCK-TICK
  • 中川翔子
  • MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE
  • Juice=Juice
  • SEBASTIAN X
  • ℃-ute
  • Led Zeppelin
  • MAN WITH A MISSION
  • SUGIZO
  • 吉井和哉
  • Ultimate Ears
  • THE ポッシボー

BARKS TOP 100

LAST UPDATE 2014/11/29 3:00

小野瀬雅生ショウ

小野瀬雅生ショウ:ニュース・最新情報

NEWS

小野瀬雅生ショウ:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

クレイジーケンバンド(以下CKB)のリード・ギタリスト小野瀬雅生(おのせまさお)がその才能を横山剣氏に認められ、はじめてソロアルバムをリリースしたのが2000年12月、タイトルは「小野瀬雅生ショウ」。CKBのライヴで小野瀬が自作曲を演奏するコーナー名が、そのままつけられた。

その後2001年に小野瀬を中心にしたバンドが結成され、そのバンド名も「小野瀬雅生ショウ」と名づけられる。以降、2003年にバンド初のアルバム「LITTLE HIGH BIG NOW」、2005年にアルバム「ジャム・カレット」を発表。2006年には東芝EMI(現EMI MusicJapan)レザボア・レコーズと契約、同5月にはミニアルバム「Sanctuary」、11月にアルバム「パビリオン」をリリース。その後もオリジナル曲発表やライヴ、イベント出演などを続け、好評を得ている。

特筆すべきはそのライヴ。小野瀬の多彩な楽曲や比類なきギターテクはもちろん、思い切ったインプロビゼーションを織り込んだ迫力あるバンド・パフォーマンスは音楽業界内からの支持も高い。

小野瀬雅生ショウメンバー:
小野瀬雅生(G)、高橋利光(Key)、大澤逸人(B)、今村功司(Ds)、須藤裕(G)

小野瀬雅生ショウ:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

小野瀬雅生ショウ:ディスコグラフィ・CD

DISCOGRAHY/CD