黒木渚の最新情報は音楽総合サイトBARKSで!独特の文学的歌詞で、女性の強さや心理を生々しく歌い上げる、孤高のミュージシャン。宮崎県出身。全ての作詞作曲をつとめる。 2010年12月、自らの名前を掲げたバンド・黒木渚を福岡県で結成。 2012年12月、血…

  • PASSPO☆
  • 高橋優
  • Kalafina
  • Deep Purple
  • 焚吐
  • Bay City Rollers
  • 真野恵里菜
  • L'Arc〜en〜Ciel
  • ももいろクローバーZ
  • EGOIST
  • スピッツ
  • FUJI ROCK FESTIVAL
  • LUNA SEA
  • Hollywood Vampires
  • 宇多田ヒカル
  • Ozzy Osbourne
  • Maroon 5
  • AI
  • Iron Maiden
  • SHURE
  • Taylor Swift
  • 小田和正

黒木渚:ニュース・最新情報

NEWS

黒木渚:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

独特の文学的歌詞で、女性の強さや心理を生々しく歌い上げる、孤高のミュージシャン。宮崎県出身。全ての作詞作曲をつとめる。

2010年12月、自らの名前を掲げたバンド・黒木渚を福岡県で結成。

2012年12月、血まみれのミュージック・ビデオが音楽ファンの度肝を抜いた「あたしの心臓あげる」でデビュー。各方面で話題となり、iTunesが選ぶブレイクが期待できるアーティスト「ニューアーティスト2013」に選出される。

その後、ミニアルバム 「黒キ渚」とシングル「はさみ」をリリース、5大都市ワンマンツアー「やわらかなハサミ」を大盛況で終えるも、2013年12月の「COUNTDOWN JAPAN 13/14」出演をもってバンドは解散。

2014年からソロ活動を開始。

同年4月に11人の女の物語を描いた1stフルアルバム「標本箱」をリリース。リード曲「革命」は全国のラジオ20局でパワープレイに選出され、USEN総合チャートでも3位にランクイン。

さらにはソロ活動半年で渋谷公会堂単独ライブを達成させ、夏には「ARABAKI ROCK FEST」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」「SUNSET LIVE」など数々のフェスにも出演し、各会場を賑わせる。

2015年1月には3rdシングル「虎視眈々と淡々と」のリリースと同時に初の連作小説「壁の鹿」を発表。

同年3月からスタートしたワンマンツアー「虎視眈々と淡々と」では、朗読とライブ・パフォーマンスとが交互に展開される、これまで以上に演劇的要素の強い挑戦的な公演を開催し、多くのファンを魅了する。

6月にはラブソング4曲を収めた4thシングル「君が私をダメにする」をリリース。翌月7月には5大都市で入場無料のワンマンツアーを開催。約1万人の応募が殺到し、全会場満員御礼の大盛況でツアーを終える。