MR.BIGの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!エリック・マーティン(Vo)  リッチー・コッツェン(G)  ビリー・シーン(B)  パット・トービー(Dr) 世界最高速の速弾きギタリストと謳われていた元レーサーXのポール・ギルバート、元タラス~デヴィ…

  • SEKAI NO OWARI
  • FUJI ROCK FESTIVAL
  • Da-iCE
  • KAMIJO
  • 辻林美穂
  • Motorhead
  • UNCHAIN
  • 藍井エイル
  • fender
  • レキシ
  • 恵比寿★マスカッツ
  • Celine Dion
  • スピッツ
  • Hi-STANDARD
  • SIXX:A.M.
  • Prince
  • DECAYS
  • STARDUST REVUE
  • 葉加瀬太郎
  • Paul McCartney
  • [Alexandros]
  • マキシマム ザ ホルモン

MR.BIG:ニュース・最新情報

NEWS

MR.BIG:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

エリック・マーティン(Vo)
 リッチー・コッツェン(G)
 ビリー・シーン(B)
 パット・トービー(Dr)

世界最高速の速弾きギタリストと謳われていた元レーサーXのポール・ギルバート、元タラス~デヴィッド・リー・ロス・バンドのベーシストだったビリー・シーン、インペリテリ他のバンドでセッション・ドラマーとして、その名を知られていたパット・トーピーらハード・ロック・シーンの凄腕ミュージシャンが新バンドを結成するにあたって、ベイエリアで活躍していたエリック・マーティン(元エリック・マーティン・バンド~ソロ)に白羽の矢を立てる。当時、エリックはデヴィッド・リー・ロスの後釜として、ヴァン・ヘイレンに加入する、と噂された実力派だった。

'89年、『MR.BIG』でデビュー。バカテクを誇る3人の凄腕ミュージシャンと不世出のソウルフル・シンガー、エリックが真っ向からぶつかりい、相乗効果を生んだメロディアス・ハード・ロックは、本国アメリカ以上にここ日本で高い評価を得る。そして、'91年発表の2ndアルバム『リーン・イントゥ・イット』収録のバラード・ナンバー「トゥ・ビー・ウィズ・ユー」が全米No.1ヒットを記録、彼らは人気バンドして、そのステイタスを確立する。

その後、『バンプ・アヘッド』('93年)、『ヘイ・マン』('96年)と快調に作品を発表しつづけるも、メンバー各自にソロ活動を始めたことを契機に'99年、ポール・ギルバートが脱退。しかしバンドは最大の危機を乗り越えるべく、後任としてポイズンを経てソロとして、すでに活躍していたリッチー・コッツェンを迎え、『ゲット・オーヴァー・イット』を発表。2000年1月には新ラインナップで来日し、健在ぶりを証明した。しかし、後に不仲説もながれ始め2002年に解散を発表。解散ツアーとなった<フェアウェル・ツアー>で1月から2月にかけて思い出の日本に降り立ち、各地でライヴを行う。そして2002年2月5日、惜しまれながらも解散に至った

文●山口智男(01/08/20)

MR.BIG:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET