初のオリジナル・アルバムがリリースされて5周年。3/31には初期バンプの代表作であり人気の高かった「アルエ」をシングルカット、4/28にはインディーズ3タイトルをリリースし、ますます話題を集めているバンプ・オブ・チキンのニュー・シングルが完成した。疾走感あふれるギターサウンド、タイトなリズム、そしてメッセージが絶妙に同居した切なくも激しい楽曲だ。

'03の11月から新曲のレコーディングを開始し、アルバム用に作った曲の中から楽曲のみ仕上がっていたこの曲をセレクト。5カ月以上をも費やして書きあげられた詞が合体して、このたびのシングルリリースとなった。自分自身の中に存在する弱さや痛み、孤独などと表裏一体で存在する自分自身の存在の賛美が、切実なメッセージとなっている。

これまでの作品がどれもロングセールスを記録し、常に次の作品が待望されている彼ら。このシングルも決して期待を裏切らない名曲となるだろう。

BARKSでは、近日中にこの「オンリー・ロンリー・グローリー」の試聴を開始する予定だ。楽しみに待っていてほしい。