'01年に“方向性の違い”からリンプ・ビズキットを脱退したウェス・ボーランド(G)が、バンドに再加入するらしい。フレッド・ダーストのブログAmerican AlienとバンドのファンサイトTheArmpit.netなどがボーランドの復帰を示唆している。また、リンプ・ビズキットの公式サイトには先日、ボーランドと他のバンドメンバーとのセッションの様子を撮影したフォトが掲載された。

バンドはボーランド脱退後、全米各地をはじめ世界的なオーディションを開催したが、適任ギタリストが見つからず、元スノットのマイク・スミスを後任として迎えた。一方のボーランドは新プロジェクトのイート・ザ・デイを結成したが、不成功に終わり、音楽業のほか妻と一緒にロサンゼルスで画廊の運営にあたっていた。

米音楽メディアのロンチ・レディオ・ネットワークスによれば、バンドはニューアルバムに取り組んでおり、2005年2月頃のリリースを見込んでいるという。ダーストは現ギタリストのスミスとの交替について「マイクは適任者じゃなかった」とファンサイトのインタヴューで語った。彼はまた「アルバムが完成しだいツアーを行なう」とも話している。

バンドはスミス加入後の'03年に通算4作目となるスタジオアルバム『Results May Vary』を発表した。

T.Kimura