ビートルズの曲「Ob-La-Di, Ob-La-Da」が、インターネット上で行なわれた『Worst Song Ever(これまでで最悪な曲)』投票で堂々の1位に輝いた。ビートルズは、“駄作”として悪名高きギャザ&リンディスファーンの「Fog On The Tyne」やステップスの「5,6,7,8」を上回る票を得てしまった。

Marsが行なったこの調査には、1,000人以上の人々が参加した。Marsのスポークスマンは、『The Mirror』紙にこう話している。「ビートルズがトップになったのは、驚きました。しかし投票者には、バンドについてではなく曲の良し悪しに対して尋ねたものですから」

2位のギャザは、元サッカー選手のポール・ガスコインが歌ったもの。トップ10には、合計3曲のサッカー関連トラックが含まれている。また、アイドル・グループ5iveが本家クイーンをフィーチャーしてまでカヴァーした「We Will Rock You」が5位に入った。

<ワースト・ソング・トップ10>は以下の通り

1.「Ob-La-Di, Ob-La-Da」ザ・ビートルズ
2.「Fog On The Tyne(Revisited)」ギャザ&リンディスファーン
3.「I'd Do Anything For Love...」ミートローフ
4.「Diamond Lights」グレン・ホドル&クリス・ワドル
5.「We Will Rock You」5ive Feat. クイーン
6.「Millennium Prayer」クリフ・リチャード
7.「Ice, Ice Baby」バニラ・アイス
8.「Anfield Rap」ジョン・バーンズ&リバプール・フットーボール・クラブ
9.「Let's Get Ready To Rhumble」PJ&ダンカン
10. 「5,6,7,8」ステップス

Ako Suzuki, London