メタルバンド、ダメージプランのステージで悲劇が起きた。9日付のNBC4によると、12月8日(水)夜(日本時間9日)、米オハイオ州コロンバスのライヴハウスで銃撃事件が発生した。この事件で元パンテラのオリジナルメンバー/現ダメージプランのギタリスト、ダイムバック・ダレルが死亡した。また、他に4人が撃ち殺され、2人が負傷している。現在のところ、ダレル以外の被害者の名前は発表されてないが、ダメージプランの他のメンバーが殺された可能性がある。

NBCが伝えた目撃者の証言によれば、事件当夜、地元の人気ロッククラブ「アルローザ・ヴィラ」に出演したバンドが、オープニングナンバーをプレイし始めると、観客席から銃を持った男がステージに駆け込んで来たという。オーディエンスはこれをセットの演出だと思ったらしい。しかし、次の瞬間、男はメンバーに向かって数発を発砲、会場はパニックとなった。男は観客に向かって発砲した際に、店の用心棒から体当たりを受け、駆けつけた警官によって射殺された。

地元警察は、犯人は“明らかにバンドメンバーを狙っていた”と伝えている。事件は何らかの恨みによる犯行との見方が強い。

ダメージプランは現在米国ツアー中。12月9日(木)はミシガン州でコンサートが行われる予定だった。

'90年代のメタルシーンをリードした屈強バンド、パンテラは'03年に解散。その後、ダイムバック・ダレルとヴィニー・ポール(Dr)兄弟が、元ハルフォードのパトリック・ラックマン(Vo)とボブ・ジラ(B)を迎えダメージプランを結成した。バンドは今年('04年)2月にデビューアルバム『ニュー・ファウンド・パワー』をリリース。3月には来日公演を行なった。

T.Kimura