Blabbermouthなどが伝えたとこによれば、メタル界のアーティストたちが12月8日にオハイオ州で起きた射殺事件で、死亡したダメージプラン/元パンテラのギタリスト、ダイムバッグ・ダレル(38歳)に追悼の意を述べている。

The New Press紙などは'82年に飛行機事故で死去したランディ・ローズ以来の衝撃との声を伝えている。ダメージプランの所属レーベル、Atlantic Recordsは声明の中で「音楽界にとって悲劇の日となった」とし、被害者を追悼すると共に、ファンと関係者、警官の“勇気ある行動”に感謝した。

ランディ・ローズを失った悲しい体験を持つオジー・オズボーンは「悲しみで呆然としている。なぜこんなことになってしまったのか、まるっきり理解できない」と語った。スリップノットのコリー・テイラーは「彼(ダイムバッグ)はクールな奴だったよ……いつだって“今夜も人生に残る思い出を作ろう”といった態度だった。それが一生忘れることのない思い出になってしまった」と述べている。アンスラックスのスコット・イアンは「ヴァン・ヘイレンの次にダイムバッグ・ダレルが現れた……オリジナリティのある重要な存在としてギター界に偉大な貢献をした」と語った。また、メガデスのデイヴ・ムスティンは「ダレルには素晴らしい人生と贈り物をありがとうと言いたい……彼の人生、テクニック、才能、人間性、そして伝説を忘れてはならない……ダレル、いつか天国で会おう……」と悲しみを表現した。

また、モトリー・クルーのニッキー・シックス、メタリカのラーズ・ウルリッヒ、元ジューダス・プリーストのティム・“リッパー”・オーウェンス、マシーン・ヘッド、元スレイヤー/テスタメントのメンバー、クワイエット・ライオットのフランキー・バナリほか大勢のアーティストが追悼のコメントを発表している。

犯人のネーザン・ゲール(25歳)は警官に射殺された。事件ではほかに20代の観客2人と40歳の警備員が死亡している。ダレルを含めて合計5人の死亡が確認された。また、負傷者2名が病院で治療を受けている。他のバンド・メンバーは現在、警察の事情聴取に応じているという。

NBC4が伝えた目撃者の証言によれば、無断で店内に侵入した犯人は、迷うことなくステージ上のダレルに向かって行き、至近距離で5、6発を発砲したという。正確な動機は不明だが、犯人はダレルを殺害する前に“おまえがパンテラを解散させた”といった内容の言葉を吐いたとも伝えられている。

T.Kimura