シザー・シスターズのセルフ・タイトル・デビュー・アルバムが、キーンのデビュー作『Hopes And Fears』を抜いて、昨年英国で最も売れたアルバムとなった。これまでキーンのアルバムが'04年のベスト・セラーと言われていたが、年末にシザーズのアルバムが盛り返しギリギリのところで逆転したらしい。しかしながら、その差はわずか、582枚だったという。

『Music Week』誌の最新号の発表によると、キーンの『Hopes And Fears』の年間総セールスは159万3,677枚。一方のシザー・シスターズは159万4,259枚だったという。先月の半ばまで今年のベスト・セラーは『Hopes And Fears』だと確実視されていたものの、最後の週(12月27日)の売り上げ(キーン3万2,011枚、シザーズ4万2,952枚)で大逆転した。

3位には、ロビー・ウィリアムスのベスト盤『Greatest Hits』、その後マルーン5の『Songs About Jane』(4位)、ケイティ・メルーアのデビュー作『Call Off The Search』(5位)と続いている。

昨年、英国で大ブレイクしたNY出身のシザー・シスターズは、2月に待望の初来日。東京(2月25日UNIT)、大阪(26日クラブクアトロ)でパフォーマンスする。

Ako Suzuki, London