昨年春に明らかになったアウトキャストのアンドレ3000が主演する予定のジミ・ヘンドリックスの伝記映画が、楽曲使用の許可が得られず、製作中断の危機に直面しているとSOHH.comが報じている。

報道によれば、現在、映画プロダクションが制作に関する事前交渉を行なっている段階であるが、ジミ・ヘンドリックスの遺族が映画でジミ・ヘンドリックスの楽曲を使用することを認めないという決定を下したという。そして、もしプロデューサーがこのままジミ・ヘンドリックスの楽曲の使用許可を得られることができなければ、映画製作自体が凍結される可能性があるとも伝えている。

アンドレ3000はこの件に関して「ウィル・スミスも一度(ジミ・ヘンドリックスの)映画を作ろうとしていたと聞いてるし、ローレンス・フィッシュバーンやエディ・マーフィも俳優としての活動初期に同じ事を試みていた」と、今まで数々の俳優がジミ・ヘンドリックスの伝記映画を製作しようとしたが、結局実現しなかったことを明らかにした。

K.Omae, LA