ザ・フーのシンガー、ロジャー・ダルトリー(60)が、その音楽キャリアでの成功とチャリティ活動の貢献を認められ、英国女王および英国政府から上級勲爵士の栄誉を授かった。

ダルトリーは'64年にピート・タウンゼントらとザ・フーを結成。「My Generation」「Pinball Wizard」などのヒット曲を生み、'60年代英国を代表するロック・バンドの1つとなった。彼はまた、チャリティ団体<Teenage Cancer Trust>のパトロンを務め、コンサートを開くなどして若者のガン患者を支援してきた。彼は、毎年行なわれるコンサートによりこれまでに200万ポンド(約4億円)以上の寄付金を募っている。

ダルトリーは、功績が認められた喜びをこう語っている。「本当にうれしい。(自分の)国から認めてもらえるなんて、本当に素晴らしいことだ」

ダルトリーは、1月31日にソロ・キャリアを集約したアルバム『Moonlighting』を発売予定(英国発売)。また、ピート・タウンゼントとWho2の名でアルバムを制作中。今春、発売予定だという。ザ・フーが新作を発表するのは25年ぶりのこととなる。

Ako Suzuki, London