オアシスのノエル・ギャラガーはクリスマスが大嫌いで、早く娘にサンタクロースが存在しないことを暴露したくて仕方ないのだという。彼の娘は現在4歳。さすがに失望させるのはまだ早いと考えているノエルだが、2年後には真実を伝えるつもりだという。

femalefirst.co.ukによると、ノエルはこう話しているという。「俺はクリスマスが大っ嫌いなんだ。ラジオから流れる馬鹿らしい音楽やCMには我慢ならない。ミンス・パイは好きじゃないし、ターキーなんか大っ嫌いだ。あんなものには巻き込まれたくないね」

「“サンタクロースなんて、この世にはいない”って娘に言いたくて言いたくて仕方なかった。2年後にこのニュースを伝えるのを楽しみにしてんだよ」

オアシスは、間もなくニュー・アルバムを完成する。'02年の『Heathen Chemistry』以来6枚目となるこの作品は、5月にリリースされる予定。

Ako Suzuki, London