ビースティー・ボーイズが動物保護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)が行なっている、ケンタッキー・フライド・チキン社(以下KFC)への反動物虐待キャンペーンに参加を表明したと、AP通信が報じている。

PETAによると、KFCへブロイラーを供給している業者が、ブロイラーのくちばしを破壊したり、成長するための薬を投与するなどの虐待行為をしているとして、PETAはこれらを即刻中止するよう同社に求めている。ビースティ・ボーイズはKFCに対して「(KFCは)ブロイラーの供給業者に対して、彼らが間違ったことをしていると伝える責任がある」との声明を発表しており、KFCへのボイコット運動などに参加するという。

なお、PETAは他にも元NBA選手のデニス・ロッドマンを広告に起用した半毛皮キャンペーンなど、動物虐待に関する様々な運動を行なっている。

K.Omae, LA