'05年3月24日に発売される、ニュー・オーダーの約4年振りとなるニュー・アルバム『ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール』。その日本盤ボーナス・トラックとして、1stシングル「クラフティー」の日本語ヴァージョンが収録されることが決定した。バーナード・サムナー(Vo)が日本語で歌うのはニュー・オーダー史上においても初の試み。そして、今回「クラフティー」の日本語詞を担当したのは、なんと超人気ロック・バンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文なのだ!!

全ての始まりは、日本のレコード会社から日本盤用にボーナス・トラックが欲しいというリクエストを受けたバーニーが何気なく言った一言からだった。「日本語で”Krafty”を歌うのはどうだろう?」。なんでも、'01年のフジロックで受けた感動が忘れられず、日本のファンに恩返しがしたかったとのことだ。

バーニーのそんな突飛な発想を実現に導くために、力を添えたのがアジカンの後藤正文。バーナードの意気込みと、この新曲に感銘を受けた後藤が、「本当に僕でよいのであれば……」と、日本語詞に取り組んだのだとか。オフィシャル・サイトでは、バーニーとゴッチが交わしたという熱い手紙も公開されているぞ。