昨秋から今年初頭にかけ、カサビアン、ザ・ミュージックなど、人気来日バンドのオープニングを務め、サンプラーやテルミンを使いまくり、とにかく激しくてかっこいいステージを繰り広げたバンドがいた。一部では“本編より良かった”とまでウワサされた、そのバンドこそ、このGREAT ADVENTUREだ。

ヘルメットにサングラスでステージに登場し、ドラム以外のメンバーは楽曲ごとに楽器を持ち替えるなど、正体不明度満点の彼ら。楽曲は全て英語詞、そしてMCも全て英語であるが、彼らは全員れっきとした日本人。

音楽はというと、非常に大まかに言ってしまうと、エレクトロを取り入れたロックなのだが、たとえば『キッドA』以降のレディオヘッドや後期プライマル・スクリームを連想させるかといえば、まったくそんなことはない。むしろ、音楽的なルーツは'70年代ファンクにあるとか。そんなベースを持ちつつ、'90年代、そして'00年代前半を消化した、洗練された新しさをも感じさせてくれるのだ。

これまでインディーで活動してきた彼ら。最近では1月に来日したザ・ミュージックのオープニングを務めたり、2月にはグッド・シャーロットらの出演したSONIC MANIA '05でオープニングを飾るなど、確実にライヴで評価され、ファン・ベースを広げている。

ライヴの度にレコード会社から声がかかるという中、ついにこの2月、1stアルバム『GREAT&FUNKY』でメジャー・デビューを果たした彼ら。インディー盤をベースに新曲2曲を追加しただけに、荒削りな部分も残るが、逆に今後の大いなる可能性を感じさせてくれる1枚になっている。

そんな話題のアルバムから、シングル「GREAT & FUNKY」のPVをBARKSにて公開開始! さらに、オフィシャル・サイト(http://www.reservoir.jp/)ではアルバム全曲試聴も実施中だ!

「GREAT & FUNKY」PV
http://www.barks.jp/watch/?id=1000003701

「ROWB」PV(インディーズ時代のPV)
http://www.barks.jp/watch/?id=52026423