エミネムが昨年リリースされたアルバム『Encore』を最後にラッパーとして引退することをエミネムのマネージャーが明かしたと、AllHipHop.comなどが報じている。

これはエミネムのマネージャーのポール・ローゼンバーグ氏がデトロイトの新聞Detroit Free Pressに語ったもので、「まだ正式決定ではない」と前置きをしながらも、エミネムが「アーティストとしてのキャリアの中で最高傑作」であるアルバム『Encore』を最後に引退を決意したという。

引退の理由として、エミネムがスポットライトを浴びる立場に飽き、エミネムとして曲を書く事に苦悩していたとし、既に引退に関するヒントをアルバム『Encore』の中に多数含ませていたとも語っている。また、引退後はプロデュース業などに専念することになるという。

エミネムは現在、50セントらと大規模な全米ツアー『Anger Management Tour』を実施中だが、現在のところ9月17日にアイルランドのダブリンで行なわれるコンサートがエミネムの最後のショウとなる可能性が高いという。

K.Omae, LA