ヒラリー・ダフが今後のコンサートを通して地球環境に貢献したいと考えているようだ。

最新のワールド・エンターテインメント・ニュース・ネットワークが伝えたところによると、米名門大学(http://www.barks.jp/news/?id=1000005401)で学ぶ彼女は、環境科学の授業で過剰な紙の使用が地球環境に悪影響を与えることを学習、ライヴでの紙吹雪を禁止するという。彼女はリサイクルできないことを挙げ、これまでに使った量を計算し、「必要ない」とMTV NEWSに語った。ダフはまた、オゾン層や廃棄物といった環境問題の学習にも取り組んでいる。

彼女は現在、米国ツアー中。次のコンサートは8月2日、フロリダ州マイアミで行なわれる。

T.Kimura