リチャード・アシュクロフトが、「神になったような気がする」と発言し物議をかもしている。アシュクロフトによると「この気持ちがわかるのは俺とリアム・ギャラガーしかいない」そうだ。

『The Sun』紙によると、アシュクロフトはこう話したという。「彼(神)を愛してるよ。彼になったような気がする。この気持ちがわかるのはリチャード・アシュクロフトとリアム・ギャラガーしかいないな。どれだけ多くの人を感動させてるか、そして、それがどれだけパワフルなものなのか理解してるのは俺たちしかいない。俺は天命を受けたと思ってる。俺は、自分の才能を使ってみんなを高いレベルに引き上げるためこの世にいるんだ」

“神”リチャード・アシュクロフトは1月23日、3枚目のソロ・アルバムとなる『Keys To The World』をリリース(英国発売。日本発売1月12日)。それに合わせ1月20日からUKツアーをスタートする。ロンドンでは24日にカムデンのエレクトリック・ボールルームでパフォーマンスする。

Ako Suzuki, London