ハーマンインターナショナルは、すべてのiPodに対応したアクティブスピーカー「JBL on station」を発表した。

本製品は、すでに発売されている「JBL on Stage」を全iPod対応にしたもの。円錐に近い形状で斬新かつスタイリッシュ。白を基調としており、iPodともよくマッチするデザインだ。

第3世代からのiPod、およびiPod mini、iPod nanoはDockコネクタをon stationに用意されているコネクタと接続する。on stationとPCを接続していれば、iPodの充電やデータ転送なども行える。

第1/2世代のiPodと、iPod shuffleの場合は搭載されているステレオミニを介して接続することになる。もちろんステレオミニの端子を備えている大抵の携帯オーディオプレイヤーでも同じように使えるわけだ。

スピーカーユニットは、Odyssey ネオジウムドライバーを採用。最大出力が6W×2。前面にはタッチセンサー式のボリュームコントロールも配されている。

1月16日からの発売予定で、直販価格で19,800円。



問い合わせ先:ハーマンインターナショナル
http://www.harman-multimedia.jp/