水曜日(2月15日)、ブリット・アワーズの受賞アーティストが発表された。5部門にノミネートされていたカイザー・チーフスは、最優秀ロック・アクト、最優秀ライヴ・アクト、最優秀グループの3部門を獲得。今年最多の受賞となった。

またカイザー・チーフス同様、5部門でノミネートされていたジェームス・ブラントは、最優秀男性ソロ・アーティストと最優秀ポップ・アクトの2部門で受賞。最優秀アルバムとシングルはコールドプレイが制覇した。またインターナショナル部門ではグリーン・デイが最優秀グループ、最優秀アルバムを受賞している。

ブリット・アワーズ2006の受賞者は以下の通り

●最優秀男性ソロ・アーティスト
ジェームス・ブラント

●最優秀女性ソロ・アーティスト
KT・タンストール

●最優秀グループ
カイザー・チーフス

●最優秀アルバム
コールドプレイ『X&Y』

●最優秀シングル
コールドプレイ「Speed Of Sound」

●最優秀新人
アークティック・モンキーズ

●最優秀アーバン・アクト
レマー

●最優秀ロック・アクト
カイザー・チーフス

●最優秀ポップ・アクト
ジェームス・ブラント

●最優秀インターナショナル・男性ソロ・アーティスト
カニエ・ウェスト

●最優秀インターナショナル・女性ソロ・アーティスト
マドンナ

●最優秀インターナショナル・グループ
グリーン・デイ

●最優秀インターナショナル・アルバム
グリーン・デイ『American Idiot』

●最優秀インターナショナル新人
ジャック・ジョンソン

●功労賞
ポール・ウェラー

ロンドン、アールズコートで行なわれた授賞式では、予定されていたカイザー・チーフスやコールドプレイのほか、プリンスもパフォーマンス。ポール・ウェラーが、ジャムやスタイル・カウンシルのヒット曲でショウを締めくくった。

Ako Suzuki, London