ガンズ・アンド・ローゼズがこの夏、UKで行なわれるロック・フェスティヴァルの1つ<Download 2006>に出演することが決まった。バンドは'88年、同フェスティヴァルの会場であるドニントン・パークで10万人を前にパフォーマンスしたことがある。アクセル・ローズにとって思い出深い場所の1つのようだ。

ローズは、こう話している。「UKとヨーロッパはいつも特別な場所だ。特にドニントンは、個人的に重要な意味を持ってる。ヘッドラインを頼まれたのは、本当に光栄で名誉なことだ。誰も当たり前だなんて思ってないよ。Downloadでみんなに会えるのを楽しみにしてる!」

<Download>は、ハード・ロック、メタル系のフェスティヴァル。今年はガンズ・アンド・ローゼズのほか、メタリカ、プロディジー、デフトーンズ、コーン、トリヴィアムらが出演。6月9~11日の3日間開催される。ガンズ・アンド・ローゼズは、最終日のヘッドラインを務める。

ガンズ・アンド・ローゼズはこのほか、アイルランドでパフォーマンスすることも決まった。'92年以来となるアイルランド公演は、6月9日にダブリンのRDSアリーナで開かれる。モトリー・クルーがサポートを務めるという。

また、ポルトガルの<Rock In Rio>、ドイツの<Rock Am Ring>、イタリアの<Gods Of Metal>、オーストリアの<Nova Rock>などのフェスティヴァルへ出演するとの噂も流れている。

Ako Suzuki, London