世界ツアーの一環としてオーストラリアを訪問中のビリー・ジョエル。The Australianが伝えたところによれば、ジョエルは先日の公演で、オーストラリアのファンに感謝し、AC/DCの名曲「Highway to Hell」をカヴァーした。また、会見で“ピンクからのコラボのオファーを断った”といった噂について尋ねられると、「覚えていない」としながらも、「彼女は素敵だと思う。気に入ってるよ。公演も見に来てくれた」といった内容を話した。豪州公演では「Piano Man」「My Life」他のヒットを披露している。

ビリー・ジョエルは今週にブリスベンでコンサートを終えた後、来日する予定。来週から東京・大阪ほかでドーム公演を行なう。

T.Kimura