スコットランド出身の伝説のオルタナティヴ・バンド、ジーザス&メリー・チェインが、アメリカのフェスティヴァルで再結成することになった。バンドは4月、カリフォルニアで行なわれるCoachella Music Festivalに出演する。

'84年、ジム&ウィリアム・リード兄弟を中心に結成されたジーザス&メリー・チェインは、翌年『Psychocandy』でデビュー。パンク・ロック、ノイズ、ポップ・メロディを融合したサウンドは、ストーン・ローゼズやピクシーズらに多大な影響を与えたといわれている。ステージ上で繰り広げられる兄弟ゲンカも有名で、'98年のアメリカ・ツアー中に起きた仲違いをきっかけに'99年解散を発表した。

4月27日から3日間開かれる今年のCoachella Music Festivalには、ビョーク、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ザ・グッド、ザ・バッド&ザ・クィーン、カイザー・チーフス、アークティック・モンキーズ、ジャーヴィス・コッカーらが出演。ジーザス&メリー・チェインのほか、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやクラウデッド・ハウスの再結成パフォーマンスも行なわれる。

Ako Suzuki, London