90年代初期、美人ながらスキンヘッドという意表をつくルックスでシーンに躍り出たオコナーは、プリンス・プロデュースによる「Nothing Compares 2 U」で世界的に有名になった。意外とも思える組み合わせだが、ブラウンとは長年の友人だという。

ブラウンは現在、'04年の『Solarized』に続くニュー・アルバムを制作中。オコナーのほか元スミスのベーシスト、アンディ・ルークやハッピー・マンデーズのポール・ライダーとも共作しているという。また、すでに30ピースのオーケストラとのレコーディングも済ませたらしい。

この1年ニュー・アルバムの制作に取り掛かっているというブラウンは、その経過をこう説明している。「去年の2月から4月にかけて、どんなトラックを使おうか考え始めた。で、7、8月に曲を書き、プロデューサーのブラック・オックスと作業を始めたんだ。10月、11月までには、自分が何をしたいのかはっきりしたよ。それで12月にスタジオへ入ったんだ」業務報告のようなこの発言。なかなか几帳面な性格なのかもしれない。

この新作は夏ごろ、リリースされるのではないかといわれている。

Ako Suzuki, London