コールドプレイが、これまでのシングルを集めた『The Singles 1999-2006』コレクションを発表する。ただしCDフォーマットではなく、14曲のトラック全てをオリジナル・ジャケットに入った7インチのビニール盤でリリースするという。

ボックス・セットには、'99年のデビューEP「The Blue Room」やUKでは未発表の「Don't Panic」「God Put A Smile Upon Your Face」「What If」といった輸入盤シングルやダウンロード配信のみだった「The Hardest Part」(『X&Y』収録)などレアなトラックも含まれる。

もちろんレコード・プレイヤーがなければ聴けないが、ファンにはなんとも魅力的なコレクション。一般的なCDフォーマットで売りに出されるより、購買意欲をかき立てられそうだ。

コールドプレイは現在、ロンドンのスタジオでブライアン・イーノをプロデューサーに迎えニュー・アルバムを制作中。その合間を縫って、フロントマンのクリス・マーティンはアーケイド・ファイアのコンサートを訪れている。

『The Singles 1999-2006』は3月26日にリリースされる。

Ako Suzuki, London