この業界、スター性がある人は小学生の頃から注目される。たとえば、SPEEDのhiroもデビューした時は小学生。女優として活躍している前田愛・亜季もまた、デビューは小学生の時だった。女優といえば安達祐実は0歳の頃にデビューし、カレーのCMでブレイクした時は小学生だった(ちなみに同期はTM NETWORK)。

ところで、早起きした朝にラップを歌いながら朝ご飯を作っている元気いっぱいな女の子たちをテレビで見たことはないだろうか? その番組は、毎週月曜~金曜の朝6時からテレビ東京で放送されている、日本の朝を元気にする番組『おはYO! E-TRAP』。そして同番組に出演中の女の子5人が、今回ついにデビューを果たした。

彼女たちの名はE☆Traps。メンバーは佐々木 葵(ささき あおい)、橋本彩花(はしもと あやか)、鈴木聖玲(すずき みれい)、叶 結花(かのう ゆか)、溝呂木世蘭(みぞろぎ せらん)の女の子5人だ。これだけなら何も驚くことはない。ところが彼女たち、なんと9歳から11歳の小学生なのだ! 9歳の結花ちゃんと世蘭ちゃんは、1997年生まれ。あのノストラダムスの大予言まであと2年という時に生を受けたということになる。

そんな彼女たちがドロップしたデビュートラックの名は「EIYO!」。5人のかわいいラッパーが、君の身体の芯に揺さぶりをかけるようなアッパーチューンだ。歌っている歌詞はカルシウムやDHA、ベータカロチンなどなど“栄養”について。彼女たちが踏む“韻”が、ちょっと耳に心地よくて、なんだか聴いただけで気分がアゲアゲな…とまではいかないかもしれないが、少し元気になれる曲だ。なお、同曲は『おはYO! E-TRAP』のテーマソングにもなっている。

『おはYO! E-TRAP』は現在、朝早く起きるお母さんたちや、小さなおともだちのみんな、そして夜が長い大きなおともだちのみんなも何気に注目している番組。ちなみに『おはYO! E-TRAP』の後に始まるのは『おはスタ』。『おはスタ』といえば、山田優や酒井彩名、上戸彩(Z-1)、そして現・フジテレビアナウンサーの平井理央などが“おはガール”として出演していた。もしかしたらE☆Trapsからも、未来のスターが登場するかもしれない。小学生とは言っても、葵ちゃんなんか時折オトナっぽい表情を見せてくれたりと、アイドル性も十分。今も、そして将来も楽しみな逸材だ。

で、ここまで読んでE☆Trapsのことがちょっと気になったあなた、彼女たちのデビュー曲「EIYO!」のPVが配信中だ。PVには服部栄養専門学校校長の、あの服部先生も登場しているぞ。