先月、ニュー・オーダーの解散を宣言したピーター・フック(ベーシスト)が、解散についてコメントした。メンバー間で何が起きたのか具体的に言及しなかったものの「個人的なことだ」と話している。

フックは、BBCにこう語った。「ホントに悲しいことだよ。(解散を)受け入れるのもとても大変だった。30年もやってきたんだからね。でも、起き上がってホコリをはらい、再出発だ」解散の理由を問われた彼は、ただ「個人的なこと」とだけ答えたという。

今週<MOJO Honours List>で、ニュー・オーダーの前身ジョイ・ディヴィジョンが音楽への貢献を称えるOutstanding Contribution To Musicを受賞したが、授賞式に出席したのはフックとスティーヴン・モリス(ドラム)のみで、バーナード・サムナー(ギター)の姿はなかった。

このとき主催者の『MOJO Magazine』が行なったインタヴューを読む限り、フックとサムナーの不仲が原因のようでもある。mojo4music.comのニュースによると、ニュー・オーダー解散が事実なのかと問われると、モリスは「込み入ってる。パズルみたいだ。ルービック・キューブみたいな……」と言葉をにごしたものの、フックは「(解散は)間違いない。俺たちはもうプレイしない」と断言したという。またフックは、カンヌ映画祭でジョイ・ディヴィジョンのフロントマン、故イアン・カーティスのバイオグラフィ映画『Control』のプレミアに3人揃って姿を見せたものの、「バーナードはその間、俺には全く話しかけなかった」とも付け加えている。

『Control』は、10月に英国での公開が予定されている。

Ako Suzuki, London