スウェーデンに在住するヘヴィ・メタル・ファンが、彼の音楽に対する執着は精神病であると認定され、扶助金を受けることや仕事場で音楽をかけること、コンサートのために職場を離れることが許された。

この男性ロジャー・ツルグレン氏(42歳)は、'71年にブラック・サバスを聴いて以来“ロック中毒”になり、この10年間、他人に自分の状態を理解してもらおうと苦闘してきたそうだ。そして、精神科医による度重なる検査の結果、このたび正式に病んでいることが認められたという。

『Daily Mirror』紙によると、ツルグレン氏はこう話しているという。「大人になって、別のジャンルを聴くべきだっていう人もいるだろう。でも、俺にはそれはできない。へヴィ・メタルは俺のライフ・スタイルだ。事実、音楽に入れ込み過ぎて、仕事にも影響を及ぼしてる。いくつかの仕事は辞めざるを得なかった」

彼は現在レストランで皿洗いのアルバイトについているらしいが、そこでの給料に加え、コンサート・チケットやCDが購入できるよう週65ポンド(約1万5,000円)の障害者手当てが給付されることになった。スウェーデンの職業安定所は「へヴィ・メタルは彼の人生の多くの面を支配しており、我々は彼に障害者扶助金を払うことを認めた」と話している。

この決定には、当然のこと疑問の声が上がっている。同国のセラピストは「とても奇妙なことだ。ギャンブル中毒の人を、競馬場へは送らないだろう。依存症を直そうとするはずだ。奨励するのではなくね」と話している。

メタル・ファンには何とも寛容なスウェーデン。しかし、子供にメタリカと名づけることが問題となったのもこの国だった。

参照
●「メタリカちゃん、正式に誕生 」
http://www.barks.jp/news/?id=1000031241

●「再び“メタリカちゃん”はNG。グーグルちゃんはOKです! 」
http://www.barks.jp/news/?id=1000030811

●「メタリカ、女の子の名前に認められる 」
http://www.barks.jp/news/?id=1000030608

Ako Suzuki, London