カニエ・ウェストがUKチャート同様、USチャートでも50セントを負かした。Billboardによると、ウェストの新作『Graduation』は発売1週間で95万7,000枚ものセールスを上げたそうだ。一方、50セントの『Curtis』は69万1,000枚に止まった。

AP通信によると、ウェストはこの結果に大満足しているようだ。彼は「圧倒されてる。みんな、俺のことを誇りに思ってるって言ってくれてるよ」と話している。また、50セントのことなのか「チャンピオンになるには、チャンピオンを負かさないとな」と付け加えている。

一方の50セントは、勝敗には触れずこうコメントした。「この2年で最もでかいアルバム・リリース・ウィークの1つに参加できて、すごくエキサイティングだったよ。俺たち合わせて、何十万枚ものアルバムを売ったんだ。ヒップホップ・ミュージックにとって素晴らしいモーメントになった。歴史に残るだろう」

戦いに敗れ第一線からの引退が噂される50セントだが、まだこの件に関しての正式なコメントはなされていない。急きょ、MOBOアワーズへの出演をキャンセルした彼は、同アワーズの最優秀ヒップホップ・アクトもウェストに奪われてしまった。

Ako Suzuki, London