エイミー・ワインハウスはクリスマス休暇、ブライアン・アダムスのお誘いを受け、マスティク島にある彼の別荘で過ごしたそうだ。カリブ海きっての名リゾート地であるこの島で、エイミーはスキューバー・ダイビングに目覚めたようだ。そして、新しい趣味は彼女の価値観も変えたらしい。

エイミーはアダムスと共に、毎日のように海へ潜り、サメにエサを与えたりしているそうだ。『Daily Star』紙によると、彼女はこう話しているという。「自然の美しさとか、単純なもののありがたさを学んだわ。それに、自分が恐れていることにちゃんと向き合うべきだって教えられた。ここは全くの別世界よ。物ごとを新しい目で見ることができるわ。人生は短いんだって実感した。だからどの瞬間もしっかり生きなきゃって思ってる」

新年を迎えるにあたり新しい世界に目覚めたエイミーは、金曜日(1月4日)にUKへ帰国する。夫ブレイクが逮捕されて以来コンサートをキャンセルしてきた彼女だが、その復帰を望む声は高く、来月10日に開かれるグラミー・アワーズでパフォーマンスするのではないかと期待されている。彼女は、最優秀アルバム、最優秀女性ポップ・ヴォーカルなど6部門でノミネートされている。

一方、いまだ拘置中の夫ブレイクはメンズ・マガジン『Arena』の読者投票で“愚かな男No.1”に選ばれてしまった。同誌は“最低な夫”との烙印も。「もし自分の奥さんがヘロインに溺れているとしたら、隣で“イケイケ”なんて煽る代わりに、自分もドラッグから遠ざかるなどして彼女を助けるべきだ」ともっともなコメントをしている。

Ako Suzuki, London