日本テレビ系『行列のできる法律相談所』の1月27日放送回(関東)で、異例のフルコーラスを熱唱したお父さん。番組を観ていた方は感動とともに記憶に残っていることだろう。

彼の名前は木山裕策。

大阪府出身の39歳で、妻&子供(男11歳~1歳の4人)有り。普段は出版社に勤める“働くパパ”。そんな木山が、2月6日に「home」でデビューを果たす。

お店ではこれを目印に! 木山裕策「home」のジャケット写真

リリー・フランキー、チュートリアル徳井、元ロードオブメジャーの北川賢一、Every Little Thingや浜崎あゆみ、hitomiなどを手がける多胡邦夫、『行列のできる法律相談所』スタッフ…彼の歌声に数多くの関係者が心を震わせた。なぜなら、デビューまでの道のりには家族への愛と絆の物語があったからだ。

大学時代にバンド活動をしつつも、プロになる夢を諦め就職、そして結婚。4人の子供にも恵まれた木山が、再びプロを目指したのは2年半前。彼の甲状腺に腫瘍が発見された出来事から。

悪性だったそれに対処するべく、左側の甲状腺を全摘出手術を受けるのだが、その際、彼は医師より「手術後に声が出なくなる危険があること」を告げられる。“自分の声をCDにして、4人の子供たちに聞かせてあげたい” という想いで、術後、彼はリハビリに励み、そして日本テレビ系『歌スタ!!』に出演する。そこで出会ったのが多胡邦夫。

木山と多胡は同番組においてタッグを組み名曲「home」を生む。そして、デビューへの最後の関門 “最終プレゼン” に挑戦。しかし、“家族の生活を背負って、プロの歌手として活動していくのは厳しいのでは…” という判断で、最終審査で落選。木山の歌に対する想いをそばで痛いほどにわかっていた多胡は、この結果に諦めがつかず、再度挑戦を提案。元々1番しかなかった「home」をフルコーラスで完成させ、見事栄光を掴み取るに至ったのだ。

なお、この模様を観ていた視聴者からの反響も凄まじく、『歌スタ!!』O.A後に開始された着うた(R)配信では、日テレ携帯着うたDL最高記録を更新(放送初日で9754ダウンロード、1週間半で2万件越え)。さらに『歌スタ!!』を観ていた『行列のできる法律相談所』スタッフが感動し、同番組への出演、バラエティー番組としては異例のフルコーラス歌唱が実現した。先ほど放送された番組中の映像には、これだけの感動秘話があったのだ。

さて、そんな木山裕策「home」。今回のCDジャケットは、木山の純なところに魅かれたリリー・フランキーが制作。さらに、特典に入っているPV映像に使われている写真を撮影したのは、元ロードオブメジャーの北川賢一。加えて『歌スタ!!』版のPVを監督したのはチュートリアルの徳井(番組MC)と、多くの人が子供や親に向けた普遍的な愛の歌に共鳴し、木山のデビューを現実のものとした。

来る2月6日、感動はもっと大きな共振を開始し、日本の音楽シーンをさらに大きく包み込むだろう。


お店ではこれを目印に! 木山裕策「home」のジャケット写真
木山裕策「home」CD情報

木山裕策の経歴やオフィシャルサイトへはこちらから!

<特番情報> 2/9 15:55~O.A予定 『歌スタ!!』特番 『パパは歌うよ。39歳、子供4人…メジャーデビューへの挑戦!!愛と奇跡の400日』