2月20日にシングル「キャンバス/君はス・テ・キ」をリリースする平井堅が、PVの撮影で母校・横浜市立大学に凱旋した。

フジテレビ火9ドラマ『ハチミツとクローバー』の主題歌としてオンエア中の「キャンバス」。“青春”をテーマに制作されたこの楽曲は、青春真っ只中の若者はもちろん、青春時代が大切な思い出になっている大人も向けられた青春賛歌に仕上がっている。

そこでPVは、平井堅自身がもっとも青春の思い出が多いのが大学時代とのことで、母校である横浜市立大学で撮影を敢行。平井堅自身も撮影現場となった母校を訪れ、歌唱場面を撮影した。約10年ぶりに母校を訪れた平井は、撮影のために構内を移動する時も懐かしさで笑顔が絶えなかったという。

そしてこのほど、3年半ぶりとなるニュー・アルバム『FAKIN' POP』が、3月12日にリリースされることが発表された。平井堅いわく「手前みそですが、本当に満足度の高い、濃いーアルバムです。濃すぎて疲れるかも(苦笑)。今までのアルバムの中で最もパーソナルな内容だと思います。(タイトルは)「POP STAR」と「fake star」という楽曲が入っているという、極めて短絡的な発想と、「Rockin’ Rouge」的な響きの良さ。そして、fakin’ ≒ ねじれた、何か欠落した物の方が、POP ≒ 魅力的なのではないか という深い意味も込められています。えへん(得意気)」とのこと。

前作『SENTIMENTALovers』(2004年発売)は190万枚のヒット、このアルバムに収録された「瞳をとじて」は年間シングル・チャート1位を記録。翌2005年にリリースされたシングル・コレクション『歌バカ』は、210万枚を越えるビッグ・ヒットになっているだけに、今回のオリジナル・アルバム『FAKIN' POP』も大ヒットへの期待が高まる。

■オフィシャル・サイト http://www.kenhirai.net/