MISIA、ツアーファイナルにて3ヶ月連続リリースを発表/MISIAのPV・新曲・ライブ・チケット情報はBARKS音楽ニュース

邦楽・洋楽アーティストのニュース、ライブ・チケット情報、PV・インタビュー等

BARKS バークス

アーティスト情報

ARTIST

MISIA、ツアーファイナルにて3ヶ月連続リリースを発表

1月9日に発売された8枚目のオリジナル・アルバム『EIGHTH WORLD』を引っさげてのツアー<THE TOUR OF MISIA 2008 EIGHTH WORLD>を行なっていたMISIAが、2月23日横浜アリーナにてツアーの最終公演を行なった。

<THE TOUR OF MISIA 2008 EIGHTH WORLD>は12月21日、22日の大阪城ホールからスタートした全6ヵ所12公演というもの。計15万人を動員した大規模な全国アリーナ・ツアーであり、ファイナルとなった当公演も即日完売であった。当日は、チケットを入手できた幸運な観客12,000人が横浜アリーナに集結。

最終日、アルバム『EIGHTH WORLD』収録の楽曲を中心に全19曲を披露。1曲目「以心伝心」での大胆な炎を交えたド派手な演出でライヴはスタートした。中盤「君は草原に寝ころんで」ではMISIAがステージ上のゴンドラに揺られて歌う場面も。

MCでは「いよいよ今日は、ツアー・ファイナル。終わっちゃうと思うと寂しいです。昨日はなかなか眠れなかったんですけど、眠るとライヴをやっている夢を見ていました」とコメント。

終盤では大ヒット曲「Everything」のハウスバージョンからのメドレーを披露し、本編ラスト「INTO THE LIGHT」ではアリーナに銀テープが舞い大盛り上がりで終了。アンコールもフジテレビ「めざましテレビ」テーマソングでおなじみの「太陽の地図」や初期の名曲「つつみ込むように…」を披露し、約2時間のパフォーマンスは完了、超満員の会場を大いに沸かせた。

なお当日に4月から6月にかけてのMISIA3ヶ月連続リリース計画が明らかになった。

まず第1弾は、「Yes Forever」というシングル。4月30日リリースだが、大型CMタイアップが付く予定とのこと。リリース前に、その新しい歌声がお茶の間にも届くということだ。

続いて第2弾シングルが早くも5月にリリース。タイトルは「約束の翼」。こちらは今年初夏に公開される綾瀬はるか・小出恵介主演の映画「僕の彼女はサイボーグ」の主題歌に抜擢された。「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」でお馴染みのクァク・ジェヨン監督・脚本で、アジア各国での公開も予定されており、既に超話題の作品だ。

そして第3弾は、<THE TOUR OF MISIA 2008 EIGHTH WORLD>の横浜アリーナ最終公演を収録したライヴ関連作品を6月にリリースしてくれるようだ。

ちなみに、3月26日には久保田利伸 feat.MISIA名義で、シングル「FLYING EASY LOVING CRAZY」がドラリオン・イメージソングとしてリリースされる。

2008年はデビュー10周年となるMISIA。かなりハイペースで作品がリリースされていくようで、何より嬉しい限り。

<THE TOUR OF MISIA 2008 EIGHTH WORLD>

2008年2月23日横浜アリーナ

1.以心伝心
2.Royal Chocolate Flush
3.Dance Dance
4.MISSING AUTUMN
5.Sweetness
6.めくばせのブルース
7.君は草原に寝ころんで
8.ANY LOVE
9.そばにいて...
10.飛び方を忘れた小さな鳥
11.To Be In Love
12.Everything
13.Color of Life
14.INTO THE LIGHT
【ENCORE】
15.TYO
16.Fly away
17.太陽の地図
18.太陽のマライカ
19.つつみ込むように・・・
BARKS NEWS READER スマートフォン版 BARKSアニメ・ゲーム 日本のカワイイを世界に発信! Kawaii Girl Japan