川嶋あいが毎年行なっている“卒業式ライヴ”が、今年も行なわれた。

この卒業ライヴは、一般公募で寄せられた希望校の中から選ばれた学校で開催。今年は、山梨県立看護大学/看護短期大学で行なわれた。

山梨県立看護大学/看護短期大学は本年度で閉校となり、山梨県立大学看護学部へと集約される。その最後の卒業生となる約120名を前に、卒業式典の最後に川嶋がサプライズ登場した。沸きあがる歓声の中、壇上に現れた川嶋は「卒業おめでとうございます!最後の卒業生だということでお祝いに駆けつけました。看護大学だけあって女性ばかりで華やかな卒業式ですね。男子も少数ながら控えめにいますけど(笑)」と祝辞を述べ、「旅立ちの日に・・・」を弾き語りで披露。

そして「中学とかの淡い片思いの思いを綴った卒業ソングです」といって「12個の季節~4度目の春~」を演奏した。

卒業生は彼女の卒業ソングと自分の思い出を重ね合わせるかのように、涙ながらにじっくりと卒業を噛み締めながら川嶋の歌に耳を傾けていた。会場中が喜びと感動に包まれた素敵な15分間だった。

■オフィシャル・サイト http://www.kawashimaai.com/