3月12日に発売した安室奈美恵のニューシングル「60s70s80s」が、3月31日付けオリコンシングルランキングで第1位を獲得した。

身にまとっているのは毛皮だけ? ヌーディーな画像もフォトアルバムに追加

同シングルはオリコンシングルランキングで初登場第2位(3/24付け)、更に2週目(3/31付け)には堂々の第1位を獲得。
2週目の集計でランクアップするのも異例だが、2位からTOPへのランクアップというのは、稀有。コアなファンは発売第1週に購入することを考えると、今回の発売2週目での1位獲得からは、新たなファンを次々に取り込んでいるということがうかがい知れそうだ。

また安室は、97年に発売された「CAN YOU CEREBRATE?」で、女性アーティストでは歴代1位タイとなる通算5作目のミリオンセールスを達成。更に昨年シングル「Baby Don't Cry」で女性アーティスト単独1位となる13年連続シングルTOP10入りを記録したが、今作では遂にその自己記録を14年連続に塗り替えた。

このシングルはタイトル通り60年代、70年代、80年代に大ヒットした楽曲を安室奈美恵がそれぞれリメイクした3曲(「NEW LOOK」「ROCK STEADY」「WHAT A FEELING」)を収録。

プロモーションでは多くのファッション誌の表紙や、街頭広告を安室奈美恵がジャック。現在もオンエア中のヴィダルサスーンのキャンペーンCMにも話題が集まっており、ヴィダルサスーン新商品は発売から飛躍的に売り上げを伸ばし、例年の2倍以上の売り上げを記録しているという。

まさに安室効果。彼女の勢いに衰えるという文字はなさそうだ。