伊藤由奈がGAPの2008 HOLIDAYキャンペーンモデルとして、日本全国のGAP各店舗でビジュアル展開されることが決定した。

今回のキャンペーンでは、女優のミラ・ジョヴォヴィッチ、俳優のベン・バーンズ、アシャンティというそうそうたるラインアップの中、日本では伊藤由奈がただ1人選出されたものだ。

<GAP 2008 Holiday Collection「Winter Neutrals」>と名づけられたキャンペーンは、11月11日(原宿ストアのみ11月7日)より日本国内のGAP店舗で伊藤由奈のビジュアルが展開される他、雑誌広告、街頭ビジョン、山手線車内広告ジャック及び車体のラッピングもスタートするという。

セリーヌ・ディオンとコラボするなど国際的な活躍が評価され今回のモデルに大抜擢となった伊藤由奈だが、NYで行なわれた撮影では、巨匠マイケル・トンプソン氏が自らシャッターを切るという本場の空気に満ち満ちたもの。とはいえ、母国語・英語でのコミュニケーションに「ハイテンションでパフォーマンスして来ました!スタッフのみんなとも仲良くなれたし、私がシンガーだって知ってたみたいで、みんなのリクエストでアカペラで“Precious”も歌って来ましたよ!」と、彼女はノリノリ。

◆伊藤由奈 GAP主催のファッション・ショー写真

10月22日(水)、都内で行なわれたGAP主催のファッション・ショーでは、モデル&スタイリスト・デビューにも初挑戦。伊藤由奈は「自分のステージだという気持ちでやりました」とコメント。スタイリストとしての彼女は「400着からコーディネートするのは大変でした」と素直な感想。男性モデルには理想の彼氏に着せたいという衣装で登場させながら「最近はいい出会いがないのですが…女の子はやっぱり恋をしなくちゃね!」と明るい表情をみせた。

これまでのバラード系から一変し、11月26日発売新曲「恋はgroovy×2」(恋はグビグビ)は、今までのイメージを一新するラテン系のパーティソング。アーティストとして着実にステップアップしていく伊藤由奈に、今後も注目を。