Forbesが、2007年6月から1年で最も収入のあったミュージシャンのトップ10リストを発表した。トップに輝いたのは、大規模な再結成ツアーを成功させたザ・ポリス。1人あたり約3,800万ドル(おやそ40億円)、合計1億1,500万ドル(およそ120億円)稼いだという。

日本でも、2008年2月にドーム公演を行なった彼ら。この収入には何万人もの日本人ファンが貢献している。

2位にはビヨンセ。本業の音楽だけでなく、映画、CM出演による所得も大きかったようだ。

Forbesが発表した、この1年で最も収入があったミュージシャンは以下の通り。

1.ザ・ポリス(1億1,500万ドル/約120億円)
2.ビヨンセ(8,000万ドル/約84億円)
3.トビー・キース(4,800万ドル/約50億円)
4.ジャスティン・ティンバーレイク(4,400万ドル/約46億円)
5.マドンナ(4,000万ドル/約42億円)
5.セリーヌ・ディオン(4,000万ドル/約42億円)
5.ラスカル・フラッツ(4,000万ドル/約42億円)
8.ヴァン・ヘイレン(3,500万ドル/約37億円)
9.ジェネシス(3,100万ドル/約33億円)
10.グウェン・ステファニー(2,700万ドル/約28億円)

ちなみに、ヒップホップ・アーティストは別にリストが発表されており、こちらは50セントがザ・ポリスをも上回る金額でダントツのNo.1に輝いた。

ヒップホップ界2008年度のキャッシュ・キングは以下の通り。

1.50セント(1億5,000万ドル/約157.5億円)
2.ジェイ・Z(8,200万ドル/約86億円)
3.ショーン“ディディ”コムズ(3,500万ドル/約37億円)
4.カニエ・ウェスト(3,000万ドル/約31.5億円)
5.ティンバランド(2,200万ドル/約23億円)

Ako Suzuki, London