キューバのグァンタナモ湾にあるアメリカ軍の収容所で拷問に自分たちの曲が使用されていると知ったナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロが怒りのコメントを発表した。キューバやイラク、アフガニスタンの収容所では、捕虜に苦痛を与えるため、窮屈な独房に押し込め数日もしくは数週間にも渡りNINやAC/DC、クイーンの曲を大音量で流し続けることがあるという。

これを知ったNINのレズナーは、オフィシャル・サイトNin.comに以下のようなコメントを掲載した。「心をこめて作った自分のミュージックが拷問のために使用される――これ以上に無礼で屈辱的、怒りを感じることを想像するのは難しい」

同様にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリスト、トム・モレロも、コンサートでこう怒りの言葉を発したという。「グァンタナモをつぶすべきだな。でも1つだけ小さな独房を残して、そこにブッシュを閉じ込めるんだ…。それでレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンをぶっ放してやれ」

NINやRATMというハードなロックだけでなく、子供番組『セサミ・ストリート』の曲まで使用されることがあり、その作曲家も激しい嫌悪感を示しているという。

AP通信によると、実際この拷問を経験した捕虜は「できることなら自殺したかった」と証言しているそうだ。また別の捕虜も「正気を失う人を何人も見た」と話している。

一方で、自分のトラックがこのように使われるのを誇りに思うミュージシャンもいるという。ドラウニング・プールのべーシスト、スティーヴ・ベントンは「俺たちの曲が第2の9/11か何かを鎮圧するのに役立ったかもしれないと考えるのは名誉なことだ」とコメントしている。

Ako Suzuki, London