マンチェスター・シティFCの熱狂的なサポーターであるオアシスのノエル・ギャラガーは、どんな批判を受けようがチームはカカを手に入れるべきだと考えているようだ。ブラジル出身のカカ(本名リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ)は現在、ACミランに所属しているが、マンチェスター・シティから1億ポンド(約135億円)ともいわれる巨額のオファーを提示されている。

現在、周りは「この話題でもちきりだ」というノエルはブログ(Oasisinet.com)にこう記した。「アラブ(マン・シティの新しいオーナーはアラブの投資会社)は、口だけじゃなく行動で証明しようとし始めたようだな。ロビーニョ(すでにマン・シティに移籍)は単なる始まりに過ぎなかったらしい! 途方もない金額が口にされてる。やらしいって言う奴もいる。記者会見でのファーガソンの顔といったら見物だったけどな。これだけでも1億ポンドの価値はあったぜ。大ショックだったようだな。かかってきな。モラルなんてどうだっていいんだよ。アーセン・ベンゲル(アーセナルFC監督)や奴の社会主義的なサッカーのたわごとなんか、くそ食らえ。チームがアイデンティティを失いつつあるなんてたわごと、どうでもいいんだよ。 アイデンティティだって?俺ら、30年もの間ビンボーだったってことか?」

マン・シティの新しいオーナー、シェイフ・マンスール・アルナーヤン氏(アラブ首長国連邦の投資会社アブダビ・ユナイテッド・グループ)は先日発表された英サッカー界の富豪ランキングで、断トツの総資産額でトップに輝いた。ビンボー・チームから一転、世界一裕福なクラブとなった彼らは、この先もどんどん有力選手の獲得を狙っていくと公言している。

◆iTunes Store オアシス(※iTunesが開きます)

Ako Suzuki, London