テレビCMも大量オンエア中の海外ドラマ『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』(以下、『T:SCC』)。そのオリジナル・イメージ・ソングとして新曲「GHOST」を提供し、CMでのナレーションも担当したGacktが、1月20日(火)、東京FM『Wonderful World』の公開生放送に出演した。

◆東京FM『Wonderful World』公開生放送~写真編~
◆「GHOST」PV
◆「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」TVスポット

元々『ターミネーター』の大ファンだというGacktは、『T:SCC』をすでに全話見ているそうで「楽しいし、面白い!」と絶賛。今作で活躍する美少女ターミネーターのキャメロンが登場するシーンも衝撃的だったという。そして「すごいハマッたね~。何をもって人間といいい、何をもって機械というかとか、テーマが深くて面白い」と熱く語った。

しかし、メイン・キャストのサラ・コナーについては「実は、女性としては苦手なタイプ」だそうで、「女性が強くなった時代、もっと男に頑張ってほしい!」とコメント。また、「GHOST」のPVで披露しているターミネーターのような動きをしてみせるなど、サテライト・スタジオの前に集まったファンも楽しませるGacktらしいサービス精神に富んだ公開生放送となった。

Gacktは現在、約3年ぶりの全国ツアー<GACKT LIVE TOUR 2008-2009 「Requiem et Reminiscence II ~再生と邂逅~」>を敢行中。“サイボーグ”をテーマにした今回のツアーでは、完璧なステージ作りをするために、メンバー・ダンサーのトレーニングは毎日5時間、本番前にも2時間半のトレーニングを行なっているという。

『T:SCC』オリジナル・イメージ・ソングの「GHOST」は、1月28日にGacktのニュー・シングルとしてリリースされる(ファンクラブ限定版は1月21日発売)。

◆iTunes Store Gackt(※iTunesが開きます)
◆Gacktオフィシャル・サイト