渋谷eggmanで行なわれた、十六夢(IZAM)率いるalcali-5主催のライヴイベント<alcali-5主催ミクスチャーライブイベント vol.4 渋谷門絶☆Special Battle Night -紳士・淑女 御乱交晩餐会->に、正体不明の謎のユニット、HANGRY&ANGRYが出演した。

◆北出菜奈、alcali-5も暴れた!<ミクスチャーライブイベント vol.4>フォトアルバム

欧米でも人気のゴシック・ラウド・ロックバンドGaGaalinGのメンバーをバックに従えて登場したハングリーとアングリー。なんと彼女たちにとって、ライヴハウスでのライヴは今回が初めて(初パフォーマンスを披露した<MySpace Japan 2nd Anniversary in SHIBUYA>でも1曲のみの披露だったため、「ライヴ」形式では、実質今回が初といってもいいだろう)。

デビューミニアルバムのタイトル曲「Kill Me Kiss Me」のイントロが流れる中、h.NAOTOのゴシック・ファッションに身を包んでHANGRY&ANGRYが姿を現わすと、集まったオーディエンスは拳を突き上げたり声援を贈ったりと最初から熱狂。熱いライヴがスタートした。

目の前にいるオーディエンスひとりを見つめて歌ったり、フロアーモニターの上に乗ったりと、ステージ上をアグレッシブに動き回って会場を煽り続けるハングリーと、チャーミングな仕草でオーディエンスを魅了するアングリー。ふたりのライヴパフォーマンスに、誰もが釘付けに。そしてライヴでは、いきなりの発表が。

“なんと…新曲、出まーす!”。 サラッと話したハングリーだったが、この一言でこの日一番の声援が会場を包む。 “ありがとう。でね。レコーディングは来月行ないますので、皆さん楽しみにしていてください!” と、新曲については現在制作中であることを明かしたアングリー。新曲がどのような形式で発表されるのか、いつリリースされるのかなどは現時点ではわからないが、“新曲リリース決定” という嬉しいサプライズにファンは大いに沸いた。

アンコールを含む、全6曲、約30分にわたったHANGRY&ANGRYの初めてのライヴハウス。手を伸ばせば届きそうな距離でのパフォーマンスに、参加したファンは大満足だったのではないだろうか。

この<渋谷悶絶☆Special Battle Night>には、HANGRY&ANGRYのほか、“ゴスロリクィーン”の北出菜奈、そしてホストを務めたalcali-5が出演。北出は新曲「鏡の国のアリア」などを披露。一方のalcali-5は、北出とHANGRY&ANGRYの衣装と自分たちを比較して “僕ら一番地味だなーって…” と、会場を笑わせつつ、今回サポートとして参加したベースのTAIZO(CUNE / オリジナルメンバーの人時(Bs)は、黒夢解散ライヴのリハーサルで欠席)とともに、さすがの迫力あるパフォーマンスを行なった。

なお、HANGRY&ANGRYは今後、4月10日~12日に、ワシントン州コンベンション&トレードセンターにて行なわれるコンベンション<Sakura-Con 2009>のヘッドライナーとしてパフォーマンスを行なうことが決定している。

【HANGRY & ANGRY<渋谷悶絶☆Special Battle Night>@渋谷eggman セットリスト】
M1 Kill Me Kiss Me
M2 Angelia
【MC1】
M3 GIZA GIZA
M4 ロマンティックにバイオレンス
【MC2】
M5 WALL FLOWER
  *
EN1 Kill Me Kiss Me

◆HANGRY&ANGRYマイスペース
◆iTunes Store HANGRY&ANGRY(※iTunesが開きます)