全世界での7,000万枚以上(LP、カセット、CD)を売り上げた世紀の洋楽アイドル、ベイ・シティ・ローラーズの元メンバーであり、一番人気でもあったパット・マッグリン(50歳)が、過去のソロ・アルバム5作品の世界初CD化(1月21日発売)に合わせて、アルバム発売日の1月21日(水)に23年ぶりのプロモーション来日を果たした。

1月25日午後、高田馬場・ESPミュージック・アカデミーにて行なわれたアルバム発売記念のトークライヴ&サイン会では、午前10時前から大勢のファンが会場に詰めかけ、総勢250人以上が来場。23年ぶりに来日したパットに一足早いバレンタインのチョコをプレゼントしようと、多くの女性ファンを中心に、昔からのパット・ファンだという家族連れ、ご夫婦で来場されたファンなどで会場は超満員の熱気に包まれ、パットに会えて泣き出すファンも現れるなど、場内はベイ・シティ・ローラーズ時代の初来日(1976年12月)時を彷彿させるフィーバーぶり。

パット・マッグリンは、1977年に発売されたソロ・デビュー・アルバム『パット・デビュー!あの娘はアイドル』から3曲(M1.「恋はファンキー・ミュージック」、M2.「あの娘はアイドル」、M3.「ライト・ア・レター」)をアコースティックでパフォーマンス。サイン会では会場に集まったファンのひとりひとりと、まるで旧交を温めるように丁寧に握手しサインをするパット。ベイ・シティ・ローラーズ時代と同じ黄色い歓声が上がり、会場は終始、集まったファンの興奮と熱狂ぶりに包まれた。

パット・マッグリンは週明けには帰国し、元モデルである妻との自身の音楽ユニットStorm(ストーム)のアルバム制作に入るという。日本で過ごすサタデーナイトはどんな夜なのでしょうか。パット・マッグリンは永遠に不滅です♪