もうすぐバレンタインデー。女性の皆さんは“今年はどうしよう…”と頭を悩めていることだろう。BARKS編集部は提案する。

本命には「iPod touch」しかない。

友人や同僚などは適当(適切?)なものを見つけるとして、気合を入れたいのが本命相手へのプレゼント。“どうしても彼氏にしたい”というなら、チョコレートにひとつ何かインパクトあるものをプラスしてプレゼントしたい。

普段持ち歩いてくれるようなもの。これが本命相手のプレゼントには最適だ。アクセサリーや香水といったものでも悪くないが、これは本人の好みがあるのでなかなか選択が難しい。一歩誤れば、“センスのない女”というレッテルさえ貼られてしまいかねない。もちろん好感度急降下は必至。

危険な賭けをするもよしだが、ここはひとつ、確実に本命相手を落とせるアイテム、つまりあなたをラヴ・ハンター(恋の狩人)に変えてしまう音楽ガジェットを利用すべきだ。そう、 「iPod touch」だ。

“最高に遊べるiPod”の「iPod touch」。8Gバイトモデルが27,800円と、価格だけでもあなたの意気込みが伝わるというものだが、実は「iPod touch」は、男心をくすぐるアイテムでもある。

というのも、「iPod touch」はミュージックプレイヤーであると同時に、パソコンのように多くのアプリケーションを利用できるデバイスでもあるから。iTunes Store内のApp Storeには、「iPod touch」や「iPhone」を対象にした数多くの有料・無料アプリが用意されている。これが男心をくすぐるのだ。「SILENT HILL The Escape」や「TETRIS」「ぷよぷよフィーバーTOUCH」といった人気ゲームは、ゲーム好きな男性はもちろん、電車での暇つぶしにも最適。「産経新聞」アプリは、一度データをダウンロードしてしまえば、地下鉄の中でさえも新聞を読むことが可能で、これはデキる20代ビジネスマンならきっと喜ぶ。そのほかにも、有料無料を問わず、ユーモアとセンスのよいアプリがそろえられており、「iPod touch」の直感的なインターフェースと相まって、何歳になっても男どもが持っている少年の心を刺激するのだ。

   ◆   ◆   ◆

ここまで準備しても、やっぱり自信がないという女性も中にはいることだろう。そんな皆さんのために、BARKS編集部が作戦参謀となり、<本命彼氏奪取作戦>を練り上げた。作戦はこうだ。

まずは「iPod touch」をApple Storeで注文する。間違っても裏面の刻印サービスで “大好き!” などと書いてはいけない。男の子はシャイなので、そんな言葉が刻まれた「iPod touch」を使うことに抵抗を覚える人もいるのだ。かといって刻印ナシというのもそっけない。なので、デタラメな文字列、たとえば「3uqt@rg」とでも入れておこう。

バレンタイン当日、本命のカレを呼び出して、「iPod touch」を手渡す。その時に “ホワイトデーに期待しています” と冗談っぽく言う。これでOKだ。さらに “「KISSCOMI Prologue(※)」というアプリで練習しておいて!” と、サラリと伝えることができたなら、ほぼ間違いない。

あなたからプレゼントされた「iPod touch」を使い始めたカレ。そのうち、ホワイトデーが近くなり “何をお返しに贈ろうか” と迷いだす。カレはきっとプレゼントや素敵なお店などの情報をパソコンで検索したりし始めるはずだ。

カレがパソコンに向かっている時、ふと、キーボード上の “3 あ” というキーの刻印が目に入る。“…3uqt@rg”。 プレゼントされた「iPod touch」に刻まれていた文字列を思い出したカレは、無意識のうちにキーボード上の刻印を目で追う。“あ、な、た…” と。

── 作戦は大胆にして緻密、かつ完璧だ。

◆2009年バレンタインデー、友人や同僚には「義理曲」を
◆iTunes Store 「KISSCOMI Prologue」(※iTunesが開きます)
◆iPod touch(アップル)
◆BARKS iTunesチャンネル
◆iPhone・iPod touch専用音楽情報サイト「iBARKS」
※「KISSCOMI Prologue」……Tachyon Inc.,がリリースしているアプリ。あなたのキスを判定してくれる。