2月25日に発売するニュー・シングル「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」のカップリングに、多部未華子、オレスカバンド、FUZZY CONTROLによる同曲のカヴァー・ヴァージョンを収録し、ドリカムヴァージョン+同3ヴァージョンを合体させた前代未聞のミュージックビデオを制作するなど、デビュー20周年を迎えるにあたり、話題を振りまいているDREAMS COME TRUE。

そんな中、またも音楽業界を驚かせるビッグ・イベントの開催が発表された。来る3月10日、豪華アーティストたちがドリカムの楽曲をカヴァーしてパフォーマンスするという夢のようなスペシャル・ライヴが代々木第一体育館にて開催される。

参加アーティストは絢香、上原ひろみ、浦嶋りんこ、クリスタル・ケイ、島袋寛子(SPEED)、一青窈、平原綾香、hiroko(mihimaru GT)の8組。もちろん、ドリカムの2人も登場する。

ドリカムのライヴによく足を運ぶという絢香は、『FNS歌謡祭』でドリカムの楽曲メドレーの際にバッキング・ヴォーカルを務め、共演したことがある。また、小さい頃からドリカムの大ファンで、ライヴにもよく行くという上原ひろみは、雑誌『SWITCH』創刊20周年記念で“ドリカム+上原ひろみ”という形でライヴを行なっている。

そして、ドリカムファンにはお馴染みの浦嶋りんこは、長年にわたりドリカムのバッキング・ヴォーカルを務めているほか、吉田とは“FUNK THE PEANUTS”名義でCDもリリースしている。クリスタル・ケイにおいては、ドリカム16枚目のシングル「すき」が大のお気に入りで、2008年7月16日に発売した自身のシングル「ONE」のカップリングで、同曲のカヴァーを収録しているほどだ。

そのほか、島袋寛子(SPEED)、一青窈、平原綾香、hiroko(mihimaru GT)も、それぞれドリカムに影響を受けていたり、大ファンでライヴによく足を運んでいたりと、ドリカムへの尊敬の念や楽曲への愛があるという。

ドリカムデビュー20周年を記念して行なわれるこの一夜限りのスペシャル・ライヴ、想像を超えたステージが繰り広げられることになりそうだ。


ドリカムは、3月21日にニュー・アルバム『DO YOU DREAMS COME TRUE?』をリリースすると同時に、大阪城ホールを皮切りに全国ツアー<DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009 “ドリしてます?”>をスタートさせる。

◆ DREAMS COME TRUEコメント
「ドリするの? ドリするの? こんなすんごいアーティストみんなでドリするの? ドリしまくり、ドリしまくられる、一夜限りのスペシャル・ナイト。もうすでに胸がドリドリで、ドリ乱してしまいそう。そんなわけで、ドリぞよろしく。一緒にドリしてくれるお客様、スタッフ様に、心から、ありがドリ」

◆ 絢香コメント
「小学生の時に始めて耳にして以来、ずっと大好きで尊敬するバンド。高校生の時にバンドを組んで「決戦は金曜日」(ドリカム11枚目のシングル。1992年9月19日発売)を歌いまくっていた。デビュー日の前日、ドリカムのライヴに行って号泣したのが忘れられない。参加できるのが本当に嬉しい。当日、緊張してちゃんとステージに立てるか不安だけど、思い切り楽しみたいです!」

◆ 本間昭光(音楽監督)コメント
「ドリカムは自分にとってJ-POP GIANTS。「決戦は金曜日」を初めて聴いた時の衝撃は鮮明に覚えています。参加できることを本当に嬉しく思っています」

日時:2009年3月10日(火) 19:00開演
場所:代々木競技場第一体育館
チケット料金:¥7,600(税込)※全席指定
[問]yorimo会員デスク 03-3246-1200(平日9時~18時)

◆ iTunes Store DREAMS COME TRUE(※iTunesが開きます)
◆ DREAMS COME TRUEオフィシャルサイト「DCTgarden」