先月末に無期限活動休止を発表したCHAGE and ASKAのASKAが16日、六本木の東京ミッドタウンにある「TOKYO FM Midtown Studio」から公開生放送される番組『ONCE』に生出演し、活動休止に至った経緯を告白した。

正式発表の前に解散報道があったことについてASKAは、「2人の間では、中途半端にするよりも解散という言い方の方がいいんじゃないだろうか、という話も一時はあった。が、色々と話を詰める内に“やっぱり(解散は)やめようか”ということになった」と告白。

また、「50歳というのは色々考える時期で、一人でつくるとしたらどれくらいやれるのかということに今は興味がある。でも、気持ちが乗ってきたら、チャゲアスをやろうという気持ちもある。常に離れていても、同じ落とし穴は掘っておきたいよね(笑)」と、独特の表現で今の率直な心境を語った。

番組では、3月29日に東京ミッドタウン内「Billboard Live TOKYO」にて、ソロでのプレミアム・ライヴ<Midtown Blossom ASKA Premium LIVE>を行なうことを発表。「ずっと、こんな所でやれたらいいなと思っていた場所。客席との距離が近いのが苦手ではあるけれど、楽しみにしていて下さい」とファンに呼びかけた。

<Midtown Blossom ASKA Premium LIVE>は、150組300名の完全招待制ライヴとなる。ライヴへの応募は、TOKYO FMの特設サイトにて受付中。応募受付は、3月3日まで。この機会にぜひファンは、“ASKA固め”されちゃってください!

◆ <Midtown Blossom ASKA Premium LIVE>特設サイト