ちょっと見逃せないCDがリリースとなる。コンピだがコンセプトが尖りすぎてうかつに手にとると怪我をしそうだ。タイトルを紹介しよう。『ムチと罰~ドSソング・コンピレーション~』である。

“ドS”をキーワードにしたこのコンセプトアルバムは、楽曲のみならず、言葉/泣き声/ムチの音…あらゆるサウンドを駆使したハイブリッド“ドS”アルバムとなっている。“社会が変わらないのなら、もうドSになるしかない”と言い切っている手元の資料には、スパイスの効いたセールストークが散りばめられ、免疫のないあなたは軽いめまいを覚えることだろう。

“これを聴いて町に繰り出せ!欲しかったコトバは、これでしょ?”と、収録された楽曲の歌詞が目に眩い。

<めかくしをつけて 両手をゆわいてスタンドをつけて 言葉でなじって>──「イジメテミタイ」スガシカオ
<跪き、手をついて わたしに 謝りなさい>「カウントダウン」──Cocco

ドSにはドSなりの愛があると主張する前代未聞のドSソング・カバー集『ムチと罰~ドSソング・コンピレーション~』は、“ドS”な恋愛をテーマにした楽曲をJ-POPのヒット曲の中から独断と偏見でセレクト。軽めのツンデレから真性Sキャラまで、攻撃的なコトバで責めたてる全10曲、その曲間には女王様キャラ声優による“ドSセリフ”がふんだんに収録されている。

サウンドはエレクトロ&チップチューン&ハウス傾向でまとめられ、当然ながら捨て曲なし。ニューカマーの女性ヴォーカル5組6人が参加し、歌い上げ派からウィスパーボイス、妹声まで逸品を揃え、全曲ムチのサンプリング音をどこかにさりげなく使用するという真性ぶり。ジャケットイラストには上条衿を起用し、クールでキャッチーな世界観でなんとかギリギリ正気を保っているところだ。

収録曲は以下の通りだが、ところでこのCD…“ドS”の人が共感を持って聴き込むんでしょうか。それとも“ドM”の人が、涙をヒーヒー流しながら大音量で聴くのかしら。ねえ、どっちなのー? おしえてーっ♪

『ムチと罰~ドSソング・コンピレーション~』
2009年4月29日
MPMC-9 \2,500(税込)
全10曲(その他、ドSセリフ8トラック収録)
01.なにぐずぐずしてんのよ(セリフ)
02.イジメテミタイ(オリジナル:スガシカオ)
03.いっぺん小学生からやりなおしたら?(セリフ)
04.十戒(1984)(オリジナル:中森明菜)
05.Pink Prisoner(オリジナル:ユニコーン)
06.自分の意見ってモンが無いの?(セリフ)
07.NAI NAI 16(オリジナル:シブがき隊)
08.目を見てしゃべんなさいよ(セリフ)
09.BLACK & BLUE(オリジナル:中島美嘉)
10.何ビビってんの?(セリフ)
11.跪いて足をお嘗め(オリジナル:ALI PROJECT)
12.優等生(オリジナル:スガシカオ)
13.もっと大きな声でしゃべって(セリフ)
14.カウントダウン(オリジナル:Cocco)
15.ほんと何も無い男ね(セリフ)
16.抱いてHold On Me!(オリジナル:モーニング娘。)
17.ここで土下座してみなさい(セリフ)
18.クロール(オリジナル:東京事変)