古都・京都発のEmbrace Selegy(エンブレイス・セレジー)は、Vo、Gt×2、Ba、Dr、Keyからなる6人組メロディック・デスメタル・バンドだ。

2007年の<HEAVEN SHALL BURN来日公演>にて並み居る国内ハードコア勢の中、メタルバンドとしてサポートアクトに大抜擢。ボーダレスな音楽性の高さをオーディエンスにみせつけ、その名をハードコアファンにまで広めることに成功、その後もHEMLOCKのサポートアクトを努めるなどバンドに対する注目度を集めてきた。

そんな彼らが初のアルバム『Awaken the Ring』が2009年4月15日に全国発売となる。ただし、限定1000枚のみの発売だ。Embrace Selegyは中心メンバーであるボーカルのSaimoticと、ギターのChi-y以外のメンバーがかなり流動的なバンドである。バンドの飽くなきクオリティを高めようとする姿勢から、固定メンバーによる制約を避け、柔軟な体制をとっているのだという。今回のアルバムを制作した後にも、メンバーの交代劇があったほどだ。

そんなストイックな姿勢を持ち、バンドは更なる高みを目指し既に次なるステップに向けて動き出しているため、Embrace Selegyにとって今作品『Awaken the Ring』もあくまで途中経過。よって1000枚限定なのだ。

◆「Player」PV+コメント

そんなアルバム『Awaken the Ring』だが、既に各方面から非常に高い評価を受け、ジャンルをまたいで様々なアーティストから賞賛のコメントが届いているようだ。その卓越した音楽性と高い完成度にはアーティスト連中からも一目置かれているということだ。

「クサイ!激しい!速い!メロデスを愛する者として悔しいクオリティですね。こんなクールなバンドが身近にいる事は頼もしいよ。フィールドは違えどこれからの活躍に期待!本作を聴かずしてメロデスは語れないね!」──TERU(Versailles)

「メタルへの愛情と音楽への執念。苦悩を乗り越えてやっと一つゲートが開きましたね!Saimotic氏のノージャンルボーダーレスな人間性みたいに皆に愛されることを祈ります。」──Fuyuko(LA.SQUASH)

この作品の登場で、Embrace Selegyの名前が全国のメロデス・ファンの中を電撃的に駆け抜けることだろう。