日本先行9月2日に発売となったザ・クリブス約2年振りの最新アルバム『イグノア・ジ・イグノラント』は、お手元に届いているだろうか。なにしろジョニー・マー参加初作品であること、プロデューサーにニック・ローネイ(アーケイド・ファイア、ニック・ケイヴ、ヤー・ヤー・ヤーズ、PIL他)を迎えたことなど、何かと話題を集めている今作だ。

日本盤ボーナス・トラックとして超レアな未発表音源3曲を含む5曲が追加収録され、さらにレコーディング風景やオフショット満載の約76分にも及ぶ字幕付映像が収録されたDVDも封入され、どんぶりメシ3杯いける具沢山の内容だ。もちろん10月の来日公演参戦にはマストな1枚。

そんな絶好調の中、ゴキゲンなマンガが登場した。これだ。


◆ザ・クリブス、マンガ「馬鹿はシカトするしかない!」 ~写真編~

ザ・クリブスのバンド結成から今作に至るまでの経緯をまとめた、バンドの創生日記的な超スペシャルなマンガ、題して「馬鹿はシカトするしかない!」(原題:Ignore The Ignorant)である。トイレット・ペーパー工場で働きながら、バンドでの成功を夢見る若き日のジャーマン3兄弟の姿や、ジョニー・マーとの運命の出会いなど、まさしく必見の内容。

このマンガの作者は、NYの現代吟遊詩人でカートゥーン・アーティストでもあるジェフリー・ルイスだ。ザ・クリブスとは一緒にツアーを回るなど、日頃から交流の深いジェフリーだが、今回はミュージシャンとしてではなく、漫画家としてスペシャル・ゲスト参加となったわけだ。

こちらのマンガの続きはザ・クリブスの日本版オフィシャルサイトで公開中。これは見ないと、ね。

◆ザ・クリブス・オフィシャルサイト